最近の更新・近日中のライブ情報

今年も暮れゆく

 もともと、自他共に認める「ズボラ」なワタクシ、Nハラさとるですが
ちょっとズボラすぎるだろっ状態のブログ更新状況。

こんな状態なのに、みなさん、おそらく「やっぱりね」と
つぶやきながら未更新の西原のページをお訪ねくださっているのでしょう。
気が付けばカウンターが8000を超えている!


一応、何か書かなきゃ、という思いは常にあって
「ネタ」になりそうな写真なども結構撮ってたりするんですが…

ともあれ、暮れていきますなあ。


おっとシミジミしている場合ではない。

年末、お忙しいでしょうけれど、お時間作って、ライブにおでかけ
くださいませ。26日(水)は目黒・リトルテキサスでカントリーバンド
のささ木ゆうこ&スイートドリームス。ここはピアノを置くスペース
がないためNハラはアコーディオンとマンドリンをフル稼働。

28(金)は京王線「仙川」キックバックカフェで岩渕まこと/ペトラス
トリート。ドラムのいっちゃんこと市原康氏もスケジュール調整に成功。
久々に(いつもか?)暴れる予定です。

でかけるヒマなんぞあるかい!とおっしゃる向きには、
ぜひ23日、日曜の朝ちょっと早いですが午前8時より
NHK・FM「ミュージック・メモリー」お聴きください。
ラジオスタジオにキーボード持込み、何やら弾いています。
Nハラの前にもマイクが立てられ、声も聞こえます。


弦楽カルテット



収録を終えて。西森記子さんと

「星野富弘・詩+岩渕まこと・曲・うた」プロジェクトの録音。
ヴァイオリンの西森さんには「ふたつのJ」でもお世話になった。

無事「弦楽四重奏」のはいる2曲の録音を終えた。

いつもながら職人業に感嘆。

う〜〜〜 詳しく書きたいが 出掛けねば。

台風が来ているようだが、関空めざして羽田まで。
「のど自慢・泉佐野大会」飛行機は飛ぶらしい。


衣替え



銀座の老舗ライブハウス「ナッシュビル」にて。
アコーディオンを弾く筆者。これは昨年秋に購入。
(中古だけどね)
以前から使ってた小型の方(これは父のお古)も
蛇腹を張替えてもらって、まだ現役。

写真を撮ってくれたのは、この日誕生日だった二代目店長、
秋本勉さん。このお店と同い年でそうです。


地味にもっこり更新



「のど自慢」の仕事で北海道・釧路へ。東京とは気温差約10度だとか。
湿気はほとんど感じられない、外へ出るとエアコンがガンガンに効いた
部屋に「はいった」みたい。同じ季節でも札幌はもう少し暖かいそうだ。
桜の開花は5月20日ごろだとか。

北海道全域をカバーするのど自慢バンドのメンバーはほとんどが
札幌在住。このバンドにはピアニストがいる。ワタクシNハラは土曜日、
予選後に選ばれた出場者のキー合わせと譜面書きを担当、
本番は「音声中継車」で番組に立ちあう。

無事に本番終了、プロデューサーA氏、鐘の秋山さん、新アナウンサーの
徳田さんとタクシーに乗り込み、一路、釧路“たんちょう”空港へ。
「空港ビール、くうこうびいる…」と呪文のように悶えつつ、助手席の
窓から釧路湿原をながめていると背後から「まりもっこり、可笑しいね」
との会話。プロデューサー氏と徳田アナ、どうも現地取材の過程で知った
らしい。股間がもっこりしたキャラクター?なんじゃそれは?
というわけで空港に着いてすぐ買ったのがコレです。

安室奈美恵がTVで紹介、とかスケートのミキティが携帯に付けてたと
かで、結構話題になってたんですねえ。知らんかった。

関西ご在住の皆様!



大阪でひさしぶりにLIVEをやります!

2006年9月3日 堺筋本町
フリースペース・フラット

夜7時スタート。
出演はおなじみ(?) 岩渕まこと/ペトラストリート

岩渕まこと(リーダー・Vo.Gt)
市原 康 (Drums)
西原 悟 (Keyboards)
谷 源昌 (Bass)

ゲストに「算海」さんを迎えて。

ワタクシ西原ひさしぶりの大阪、楽しみです。「算海」氏は西原10代後半の
若き頃からの友人。緑を愛する、素朴で暖かな唄を歌い続けている男です。

西原が30年来お世話になっている友人(その昔よくバイトを世話してもらったり
現在も仕事で東京に来る際には可能な限りLIVEなど顔をだしてくれる)の
お骨折りで開催の運びとなりました。

ん?ウッカリしてたら、もう2週間だあ。ぜひぜひ遊びに来てください。

場所は堺筋本町と北浜のほぼ中間、堺筋の西に一本平行する通り沿い。
地下鉄・堺筋本町からだと17番出口を出て北上UFJ銀行を左へ、最初の
角を右、次の角までの中間地点。ビルの二階です。


会場の地図など詳しくはこちら

立ち呑み

 久々の更新。最近ハマっているのが地元・三軒茶屋の立ち呑み屋。
立ち呑み、というと僕にとってはサラリーマンが仕事帰りに一、二杯
黙って飲み、静かに立ち去る、というイメージが強かった。


  ●まずは「黒ホッピー」から始める。●

続きを読む >>


 

CONTENTS

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

SEARCH THIS SITE

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM